奥歯の治療

笑顔の女性

メタルボンドクラウンという審美歯科の中でも、昔からよく使われている手法があります。
メタルボンドクラウンの場合、虫歯の治療後、歯の表面を削って薄い金属にセラミックを焼き付けたクラウンを取り付ける方法です。
自然な歯の色を再現することが可能で、変色することもありません。
審美歯科の中でも、大臼歯など、強度を必要とする箇所に適しています。
メタルボンドの場合、金属で補強されているので耐久性があることや、見た目がきれいに仕上がることが特徴です。
また、セラミックでできているので歯垢や食べ物の色素がつきにくいというメリットもあります。
審美歯科の中でも、歯並びや噛み合わせを短時間で整えることができることは大きなメリットです。
保険適用外になるので、歯科医院によって費用は異なります。治療期間は2週間から4週間程度で、週に1度か2度の通院が必要になります。

審美歯科で、一番目につく所は前歯です。
しかし、奥歯の方の金属も気になるという人も多数います。また、金属アレルギーで、金属を口の中に入れることが困難な人もいます。
そのような人の場合、ハイブリットセラミックスという手法を使っている人が多いです。
このタイプは色が変わりづらく、すり減りにくいということが特徴です。
セラミックとハイブリットを比べると、色調は両方共白い天然の歯と同様のレベルになります。
しかし、長期的に見ていくとハイブリットのほうが若干変色していきます。セラミックと比べるとハイブリットのほうが柔らかいです。
また、価格はハイブリットの安価なので、セラミックは高くて手が出せないというような人に人気があります。
審美歯科の中でも、奥歯の方に使われることが多く、銀歯からハイブリットセラミックに変更している人も多数います。